小児はりに用いる道具

小児はりに用いるのは、鍉鍼(ていしん)というスティック状や、ローラー・ヘラ・ブラシのようなタイプの鍼です。

お子様に「痛い」とか「怖い」といった感覚を与えず、気持ち良く治療を受ける子がほとんどです。

背中のローラー鍼

小児はりは、心地良い皮膚表面への刺激により、お子様の症状改善と健康的な発育を目指すものです。

「皮膚に触るだけで何が変わるのか?」

と、疑問に思われるご父兄もおられますが、子供の肌はとてもデリケートで、小さい子ほど、皮膚表面への刺激が全身(心)に影響しやすいことがわかっています。

温灸による補助治療

女児への温灸治療
腰部の温灸

症状や目的に合わせて、補助的に温灸を用いることもあります。

温めるタイプのお灸ですので気持ち良く、怖がる子は少ないのですが、嫌がる子に無理に行うことはありません。