妊娠中でも鍼灸を受けられますか?

悪阻(つわり)や、妊娠による腰痛でお悩みの女性から、このようなお問い合わせをいただきます。

鍼灸は、お体の状態を読み取りながら刺激を調整しますので、妊娠中でも安心して施術を受けていただけます

うつ伏せになれなくても、横向きや座位など、ご本人のラクな姿勢のまま行えます。

*特定の疾病や持病をお持ちの方、流産の危険性などがある場合は、事前に医師にご相談下さい。


お薬を使わずに、ツボ(経穴)を使う鍼灸治療

古くから日本では、悪阻(つわり)や逆子といった妊娠中のトラブル改善には、お薬を使わずにツボ(経穴)を使う、伝統的な鍼灸治療が用いられてきました。

また、東洋医学では、マタニティ・ブルー(妊娠時の気鬱や落ち込み)は、”胎毒(たいどく)”とも呼ばれ、赤ちゃんの先天的な体質や後天的な発育に悪影響を与える要因とされています。

鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療は、全身(心)を対象としますので、このような気鬱や落ち込み、ストレスの緩和にも効果的だと考えられます。

特に、初産の女性にお勧めしたいのは、妊娠期のトラブル予防や、陣痛・分娩をラクにする為の、 安産の灸 という自宅で行う養生灸です。当院でも積極的に実践しています。


お薬を使いたくない」産褥期や授乳期のトラブル改善に

近年では、「お薬を使わない」という安心感が見直され、産後の母体疲労、乳腺炎、母乳の出が悪い、精神不安、産後鬱(うつ)といった、産褥期や授乳期のマイナー・トラブルの改善にも、鍼灸治療を取り入れられる方が増えています。


訪問出張による、在宅マタニティ鍼灸

症状が辛く通院が困難な方、大事をとって外出を控えたい方、家族の付き添いが難しい方、小さなお子さんの育児も行っておられる方・・・。

当院のマタニティ鍼灸は、訪問出張(在宅鍼灸)のご依頼が多く、ご自宅でも、鍼灸院と同じクォリティで行う事が可能です。

ぜひ、訪問出張による、在宅マタニティ鍼灸をご活用下さい。