慢性疲労症候群 (Chronic Fatigue Syndorome)

原因不明の疲労倦怠や筋肉痛が起こります。

「クリニックでは原因不明だと言われました。ハリで辛さを軽減できないでしょうか?」

慢性疲労症候群の疑いがある、と診断された23歳の女性。少し不安げな様子で来院されました。

慢性疲労症候群は、原因不明の強い疲労感や筋肉痛などを発症します。

起き上がったり、動くことが出来なくなってしまう方もいらっしゃるほどの苦しさです。

理解されにくい苦しみ、社会からの隔離感。

彼女も、耐えられない疲労感から、就いたばかりの仕事を辞めざるをえませんでした。

そして、カウンセリングで伺えば、彼女の辛さは症状だけではありませんでした。


「疲れたくらいで・・・」「甘えてる」などと、家族や周囲に病気を理解してもらえなかったこと

それにより、気持ちにどうしようもない焦りが生じたことが一番苦しかった、と打ち明けられました。

さらに、仕事を辞められたことで、社会からどんどん離れていっているような隔離感にも陥り、精神的にもふさぎ込んでいるようにも見えました。

慢性疲労と慢性疲労症候群は異なります。

名前が似ているせいで誤解されやすく、周囲の理解不足から精神的に苦しめられてしまう方も少なくありません。

【概念】

原因不明の重い疲労(労働や運動などが原因でないことが明らかなもの)が6ヶ月以上続き、日常生活に支障をきたす状態。

・完治例は少ないですが、対症的に投薬治療による疲労の軽減が行われています。

・更年期障害、自律神経失調症、鬱(うつ)などと誤診されることも多いようです。誤診により、長期間苦しまれる方もおられます。

・名前は似ていますが、原因が思い当たる慢性疲労とは異なるものです。

【症状】

半年以上続く微熱。解熱剤による効果があまりないという特徴があります 。

原因のわからない強い全身倦怠感が伴います。*疲労の原因が思い当たる場合は慢性疲労とし、慢性疲労症候群とは区別します。

筋肉痛。(腰・肩・腕・脚・背中などの特定部位に)激しい運動後の筋肉痛に近い痛み。 *動けないほどの痛みが出ることもあります。

浅眠・早朝覚醒による睡眠不足。寝つきが悪い。

睡眠過剰。一旦眠ってしまうとなかなか起きられない。 昼間の異常な眠気。

気分障害。鬱(うつ)に良く似た症状。 精神活動の妨げになることも。*憂鬱感や気分の落ち込みが続いて、「仕事を休んでしまう」「やる気が出ない」「何も手につかない」「続かずやめてしまった」など。

注意力の低下。注意力・集中力の散漫(鬱の症状でもある)、物忘れ、最近のことを記憶できないなど 。

喉の痛み(リンパ節の腫脹を伴うことも)。発症初期に出やすく、風邪を引いた時のような痛み、咳が止まらない、など。*「治りにくい風邪」と勘違いして、受診・診断が遅れることも。

過敏性。光や明るさに対して過敏に。化学物質や食物に対するアレルギーの悪化など。

多汗。外気温に関わらず、暑くて汗が止まらなくなったり。就寝中や起床時に寒気がするほどの寝汗をかいてしまうことも。

【原因】

原因は不明とされ、あらゆる年代や職業に発症が確認されています。

■仮説その1:ヘルペスなどの体内潜伏ウィルスの再活性化が関連?

何らかの原因で免疫力が低下することで、(過去の感染で)体内に潜伏していたヘルペス・ウィルスなどが再活性化したのでは?という研究もあります。

■仮説その2:ストレスによる免疫力低下説 発症患者のほとんどが「生活に強いストレスを感じていた」という研究結果があります。

ストレス⇒血中のNK細胞(免疫担当)の活性低下⇒疲労感として発症(*NK細胞の数が低下することは慢性疲労症候群の患者に共通して確認できる現象です)。

■ストレス仮説に反論もあります。

「全ての慢性疲労症候群の患者がストレスを感じていたわけではない」し、「NK細胞の活性低下はストレスだけが原因ではない」という考え方もあります。

【発症分類】

・疲労の原因がはっきりしている慢性疲労とは区別して、別の疾患として受け止めることで理解が深まります。

Ⅰ類:精神疾患を全く伴わないもの。

Ⅱ類:慢性疲労症候群の発症とほぼ同時に抑うつ状態が発症したもの。

Ⅲ類:抑うつなどの精神病理の後に慢性疲労症候群が発症したもの。

・日本ではⅡ・Ⅲ類が多く、精神疾患との関連も研究されています。

・日本では、慢性疲労症候群を発症した人の半数以上が抑うつ状態に。 また、自律神経失調やうつ病などの発症後に慢性疲労症候群を発症するケースも多いのです。

・慢性疲労症候群に伴う鬱症状は、一般の鬱病とは別と考え、慢性疲労症候群の症状の一つとしての鬱状態と捉えます。

【投薬治療と生活改善】

投薬治療。ビタミンCやビタミンB12(免疫力を向上させる)と、SSRI系の抗うつ薬(セロトニンの生成を促す作用)や精神安定剤の併用が効果的との研究もあります。

早朝の朝日を浴びる。セロトニンの合成を促進します。

軽度の運動。*激しい運動は意識が覚醒してしまい不眠が悪化してしまいます。

禁煙。ビタミンの破壊を防ぎます。

慢性疲労症候群など、原因不明の疾患は数え切れません。

日進月歩で研究が進められていますので、やがては原因が解明され、効果的な治療や特効薬が世に出ることでしょう。

ですが、それは明日かも知れませんし、100年後なのかも知れません。

その間も、肉体的に、精神的に、慢性疲労症候群の方は苦しみ続けます。

東洋的な考え方のアプローチ

どのような病においても、発症や改善しにくさの前提には、生体としての調整機能(自己治癒力・回復力)の低下があると考えられます。

伝統的な鍼灸医学では、内因内傷といって、その方の内に生じる身体や精神の弱まりや滞りを、生体としての調整機能を低下させる発症要因の一つと捉え、全身(心)の調整により改善に導くという治効理論があります。


内に生じる弱まりの要因には、

・疲労やストレスに追い込まれた心身の緊急反応

・過去の病気や治療の影響

・環境や価値観の急変についていくのがしんどい

・不安・焦り・憤り・無力感といった心の問題

・先天的な気質や体質などの素因

・大病、手術、出産、出血多量など、著しい体力の低下、などがあげられます。

これらの様々な要因により、その方のバイタリティ(生命力・活力)が弱められてしまえば、生体としての調整機能は乱れ、自己治癒力・回復力の働きもセーブされてしまうのです。


東洋的な考え方に基づいた、全身(心)を対象とするアプローチは、

心身に生じた弱まり・滞りを改善し、弱められた生命力(自己治癒力・回復力)の働きを補い、より根源的な部分からの改善を目指すものです。

絶え間なく作り出される、原因不明の疲労感や筋肉痛は、寝ても休んでも根本的には改善されません。 逃げ場がなく、大変しんどいものです。

ですので「楽になった」「軽くなった」という、疲労感や痛みの軽減を実感できる対症的な施術も大切になります。

ですが、一層深い部分においては、できるだけ早期に、心身に生じた弱まりや滞りを改善していくことで、生命力(自己治癒力・回復力)の働きを補い、より根源的な改善を目指します。

「心と体は一体である。」

当院では、そのような東洋的な考え方に基づいて、原因不明とされる疾患を捉えます。

ある意味、誰もが慢性疲労症候群の予備軍。そんな時代に生きているようにさえ思えるのです。

ブログ文章 橋本昌周