痛風~尿酸値が下がらない原因~

プリン体の制限だけで、痛風が改善しにくいのは何故?

「食事も好きだったビールも気を付けてますよ。だけど全然(尿酸値が)良くならない。この激痛だけでも何とかなりませんか?」と、痛風でお悩みの男性から、ご相談をいただきました。

日々のお食事や、細胞の新陳代謝により、絶えず産生され続ける尿酸。

体内での産生量が多かったり、オシッコで上手に捨てきれなかった尿酸は、やがて、血液中に取り込まれてしまいます(高尿酸血症)。

尿酸は、血中では代謝されませんので、やがて結晶化し、流れ流れて体内の関節や腱、多くは、足の親指の付け根、足首、膝などに沈着します。

痛風とは、この結晶化した尿酸の沈着により、関節や腱に激痛が引き起こされてしまう症状です。

プリン体だけが原因じゃない。尿酸が増えるメカニズムとは?


一般に知られている尿酸(値)とは、飲食物に含まれるプリン体が、体内で分解・蓄積された最終代謝産物のイメージでしょう。

ですが、尿酸は、細胞の新陳代謝などにより、誰の体内でも、毎日合成される、自然発生的な老廃物でもあるのです。

これまでは、尿酸値を下げる為に、「卵を我慢、ビールも我慢」など、食事内容の改善による、飲食プリン体摂取の制限が推奨されてきました。


ところが最近の研究で、飲食によるプリン体から作られる尿酸よりも、体内で自然に作られる尿酸の方が3~4倍多い、ということがわかってきたのです。

飲食(プリン体)の制限だけでは、痛風が改善しにくい、という方が多いのもうなずけます(とはいえ、プリン体の摂り過ぎは尿酸過剰になりやすいので、食生活に気を付けなくても良い、ということではありませんが)。

プリン体よりも、尿酸を捨て切れないオシッコを考える

細胞の新陳代謝により、体内では毎日、一定量の尿酸が作られます。

正常な状態では、産生された量と同量が排泄され、体内の尿酸量(値)を一定に保つようコントロールされています。

ですが、尿酸の量が増え過ぎたり、うまく排泄することができないと、高尿酸血症(尿酸代謝異常)が起こりやすくなります。

欧米諸国に比べて、たんぱく質の摂取量が少ない現代日本人は、プリン体の過剰摂取(尿酸の量)よりも、尿酸の排泄が上手に行えない事による高尿酸血症が多いと考えられています。

つまり、尿酸を捨て切るような、良いオシッコができていない、ということです。

尿酸が上手に捨てきれない一因には、

・先天的な体質や遺伝によるもの

・飲食睡眠の不摂生、過度の飲酒、疲労、ストレス、冷え、かかった病気など、後天的に生じた弱まり

・手術やケガ、多量の出血など、外傷性の弱まり

・不安、焦り、憤り、孤独感、無力感など、精神的な弱まり

・老化や更年期、腎機能の低下やホルモン・バランスの乱れなど、生理的な弱まり

など、その方の内に生じた弱まりによる、排泄機能の異常があげられます。

飲酒について

これまでは、ビールのホップ(大麦麦芽)に含まれるプリン体を控えるために、焼酎やウイスキーならば良いが、ビールは控えた方が良い、などとされてきました。

もちろんプリン体カットは悪い事ではありません。

ですが、 最近の研究では、

体内のアルコールが代謝される時に、尿酸と乳酸が生じる。

乳酸は、尿酸の排泄を妨げる物質である。

ということがわかっています。

尿酸は、ビールだけでなく、アルコール全般の摂りすぎによっても、多く作られるということです。

そして、常飲されている方ほど、乳酸が多く、尿酸は排泄されにくくなってしまうのです。

ストレスや疲労によるもの

蓄積された疲労、冷え、ストレスによる緊張状態(心身が休まらない状態)は、

血流を停滞させ、体を酸性に傾けてしまうことがわかっています。

酸性に傾いた体には、有害な活性酸素が発生し、

様々な機能や代謝の異常が起こりやすいと考えられます。

中性・アルカリ性の尿は、尿酸を溶かしてくれます 。

尿酸は、酸性の尿では溶けにくい性質がある反面、中性・アルカリ性の尿には非常に溶けやすい性質を持ちます。


尿酸値の高い方の尿は酸性に傾きがちです。

酸性の尿は痛風だけでなく、尿路結石も起こしやすくなります。

当院では、酸性の尿を中和する為に、野菜や海藻などのアルカリ性食物の摂取をお勧めしています。

水分不足にも気を付けて

水分不足で血液が濃くなり、相対的に尿酸値が上昇してしまうことも考えられます。


水分の摂り過ぎは良くありませんが、

必要量の水分摂取は排尿量を増やす効果もあり、尿酸値を下げるのに必要なのです。

痛風への鍼灸アプローチ

臨床上は 「痛み」の緩和が最優先となります。

対症療法といえばそうなりますが、鍼灸院にいらした時点で「我慢できない激痛をどうにかしてほしい」という方が多いのです。

関節に痛みが発症した時点で、すでに陽経を超え陰経(脾経など)にまで影響が及んでおりますので、陽実陰実病症として陰経へのアプローチを取り入れます。

先天的な原因や、他の病気の合併症などを除けば、

当院では、痛風(尿酸の代謝異常)を、 蓄積された疲労、ストレス、冷え、精神的な要因により、

(尿酸を上手く捨てられない位に)心身に弱まりが生じている状態と捉えます。

全身(心)を対象とする鍼灸治療により、

その方の内に生じた弱まりを補うことで、尿酸代謝異常の改善を目指します。

痛風の改善は、現在の痛みが消えたら終了ではありません。

無痛期激痛期の間隔は、年々狭まってきますので、

尿酸に負けない元気なオシッコができるような、心身共に温まった状態がゴールだと考えます。