更年期障害の症状と改善

閉経後の30年を生きる現代の女性

平均寿命が50年の時代には、更年期という概念さえなく、多くの女性は、閉経の頃には寿命を迎えていたことでしょう。

ですが、現代の女性は、閉経から更に30年以上を生きていく事になります。

更年期の不調を上手に乗り切り、より快適で活動的な人生をお過ごしいただく為に、今からできる事をいっしょに見つけていきましょう。

更年期とは

閉経に伴う身体の変調期

閉経の前後、約10年間(仮に閉経を50歳とすれば、概ね45歳~55歳の間)にかけての身体の変調期をいいます。

更年とは「歳を更(へ)る」という意味。閉経に伴い、女性の身体が性成熟期から老年期へ移行するシーズンです。

この間は、卵巣機能の低下(女性ホルモンの減少など)が主な要因となり、女性の体内や脳内では、大きなバランス変動が続きます。

生活環境の変化、社会的な責任やストレスが増える年代

更年期の年代には、閉経に伴う身体的変調と同時に、様々な精神ストレスも増えていきます。

老化現象の出現による、若さ・女性美の喪失感
母親の役割の終了(空の巣症候群)
子供が成人し、進路や就職の心配から急に解放される(荷下ろし)
両親・近親者・友人の死による孤独感や不安感
夫の定年後や、老後の経済的不安
大病が起こりやすい年齢であることを実感(現実的不安感)
家族や友人との人間関係の変化(コミュニケーションの葛藤)
社会人としての責任や責務の増大
仕事(管理職など)の責任やストレスの増大

このようなライフサイクルの変化、社会的な責任やストレスの増大などが、精神的な負担となり、更年期の不調にも影響すると考えられています。

体力や容貌などのギャップが現れやすくなる年代でもあり、心身両面に変化が押し寄せてくる、女性にとって厳しい時期といえます。

更年期障害とは

日本産婦人科学会によると、「更年期に現れる多種多様の症候群で、器質変化に相応しない、自律神経失調症を中心にした不定愁訴を主訴とした症候群」と定義されています。

つまり、更年期に起こりやすい、他の病気や病変に関わらない、自律神経失調症を中心とした心身の不調、と言い換えられます。

更年期(閉経に伴う卵巣機能の低下)に伴う様々な心身の不調には、個人差があるのが特徴です。

個人差が生じる原因は、まだ詳しく解明されていません。現在では、卵巣機能の低下だけではなく、環境要因や精神的要因が重なり、症状のタイプや程度の軽重に影響するとされています。

更年期の不調を左右する3つの要因

1.加齢に伴う卵巣機能の低下(女性ホルモンの減少
女性ホルモンの減少に伴う、様々なホルモンのバランスの乱れは、脳の視床下部の働きにも影響し、自律神経失調症など、全身(心)の不調や不定愁訴が起こりやすくなります。

2.環境や社会性の変化による影響
子育てを終えたり、介護が始まったり、夫とずっと顔を合わせる生活になったり、といった、40代後半からの生活様式や価値観の変化などによるもの。神経症や心身症のような精神症状が起こりやすくなります。

3.性格や精神的な要因(個人の資質)
例えば、几帳面、完璧主義、活動的だった女性が、40代後半を過ぎ、「今まで通りに出来ない」ことで、過剰に自信を喪失したり、老化へのコンプレックスから内向的な性格になってしまうといった、その方の気質(性格)や価値観が影響するものです。

これらの要因が複雑に合わさり、症状のタイプや程度の軽重に個人差が生じると考えられています。

更年期には、どのような不調が起こりやすいのでしょう?

更年期に伴う症状

更年期に多い不定愁訴

疲れやすい、だるい、肩こり、腰痛、頭痛、目の疲れ、のぼせ、ほてり、冷え、イライラ、落ち込み、不眠、喉のつかえ、高血圧、肥満(コレステロール代謝異常)、関節痛、しびれ、肌のかゆみ、めまい、耳鳴り、頻尿、尿漏れ、更年期うつ

閉経に関連して起こりやすい疾患

骨粗しょう症、動脈硬化、心血管系疾患、肥満(脂質代謝異常)、乳がん、尿漏れ、膀胱炎、膣炎、アルツハイマー型認知症

更年期に起こる不調の軽重には、個人差が大きく、殆ど気にならない軽症の方がいる一方で、症状が重篤化して、身体的にも精神的にも長期間苦しむ方もおられます。

このうち、日常生活に支障をきたしてしまうレベルの不調を「更年期障害」と呼びます

生理現象であるはずの、エストロゲンの減少や生理周期のアップダウンで、不安定になる心身を支えきれない。更年期の不調とは、そのような辛さでもあります。

更年期障害だと決めつけないで

うつ病や不安障害、自律神経失調症などは、40代後半以降の女性には起こりやすい症状です。

発症が40代後半からだとしても、卵巣機能の低下(女性ホルモンの減少)に由来しないケースも少なくありません。

原因が違えば、治療法やお薬も異なりますので、気づかず遠回りの治療に苦しんだり・・・。

「月経周期は順調」「女性ホルモンを補っても不調が解消されない」など、更年期であることが疑わしい場合には、

血中のエストロゲン(卵胞ホルモン)、ゴナドトロピン(卵巣に命令を出すホルモン)、抗ミューラー管ホルモン(卵胞残数の減少)の値を調べるなど、ご自身が更年期(卵巣機能が低下した状態)であることの確認が大切です。

更年期指数をチェックしましょう

簡易更年期指数(SMI)小山嵩夫 東京医科歯科大方式

顔がほてる10630
汗をかきやすい10630
腰や手足が冷えやすい14950
息切れ・動悸がする12840
寝つきが悪い・または眠りが浅い14950
怒りやすく、すぐイライラする12840
くよくよしたり、憂鬱になる事がある7530
頭痛・めまい・吐き気がよくある7530
疲れやすい7420
肩こり・腰痛・手足の痛みがある7530

貴方のスコアはどの位だったでしょうか? 合計50点以上ですと、医療機関の受診を勧められるレベルとされています。

更年期障害の鍼灸治療

更年期の症状で一番辛いと感じているのは?

40代後半から50代の、更年期の女性を対象に行ったアンケートでは、疲れやすい、肩こり、腰痛、手足の痛み、腰や手足が冷えやすい、怒りやすい、イライラする、くよくよする、憂鬱になる、などが上位でした。

これらの症状は、どの年代の女性にもみられ、その多くは鍼灸治療の効果が期待できるものです。

つまり、更年期の症状といっても、減少した女性ホルモンを補わずとも、症状そのものを緩和する(ラクにする)ことは可能なのです。

女性ホルモンの減少に抗わない

加齢による女性ホルモンの減少は、生理的な現象であり、自然の摂理です。

鍼灸にできること、それは、減っていく女性ホルモンに抗う事ではなく、つらい症状の緩和により、快適で活動的な日常生活を取り戻す事です。

様々な不調や不快な症状が軽減緩和することで、日常生活の質も向上し、精神的にも余力が生じ、エストロゲンに起因する身体の変化も受け入れやすくなると考えられます。

鍼灸治療の役割

先に、更年期障害の症状には、社会環境的な要因、性格や気質など心理的な要因も深く関わっていると述べました。

症状の緩和には、婦人科領域へのアプローチだけではなく、環境要因や精神的な要因にも重きを置いた、心身医学的な心のケアも必要不可欠であり、それこそが全身(心)を対象とする鍼灸治療の役割だと言えます。

更年期に起こる変化を受け止め、支えることが出来る心身の土台作りを目指して。

経年の鎧(よろい)や重荷を取り払い、心身を軽くして、より快適に乗り切っていくのです。

女性の一生は戦う敵で一杯です。