【疲れ目の原因と解消法】眼精疲労の「精」の意味

目の疲れだけじゃない、眼精疲労の症状とは

長時間のパソコン、スマホ、タブレット・・・

近視的なディスプレイ作業による眼の疲労は、誰でも経験されると思います。

眼を休ませれば回復しやすい、一過性の疲れ目 。

そして、目の疲れだけでなく、

  • 肩や首のこり
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 眼窩痛
  • 自律神経失調

などの症状が伴う 眼精疲労 があります。

はなのやま

眼精疲労は、眼を休ませても改善しにくいのが特徴です。

精(せい)って何でしょう?

精(せい)とは

  • 精とは、生きるためのパワーの源です。
  • 主に 腎(じん)で作られます。
  • 活動したり、疲労・ストレスなどで消耗 されていきます。
  • 栄養(脾胃で作られる精)や滋養(腎で作られる精)で補うことができます。
  • 精が不足 すれば 様々な機能の異状 が起こりやすくなります。
はなちゃん

精の不足は、眼にも関わるのですか? 

はなのやま

はい。まずは眼について考えてみましょう。

眼は、光を受け止め映像化する器官です

眼に飛び込んできて、様々な視覚情報を伝えてくれるのは、 です。

  • 光は、スピードやパワーが極まった状態( 極陽 )です。
  • いわば世界最速のピッチャー。キャッチャー(眼)も草野球レベルでは務まりません。
  • 極陽のパワー(光)を受け止めてくれる、陰の力の強いキャッチャー(眼)が必要です。
はなのやま

眼とは、かなり陰性が強い器官だといえます。

眼と関りの深い、陰性の強い器官は、腎(じん)肝(かん)です。

実は、眼精疲労と腎・肝には、切っても切れない関係があるのです。

眼を機能させる燃料・肝の陰血(いんけつ)

陰血(いんけつ)とは

  • 腎の精や、脾胃(消化吸収)から作られた精は、生きるためのエネルギー「気血」になります。
  • 気血のうち、眼を機能させる燃料を 陰血(いんけつ)といいます。
  • 陰血は、腎の精を原料 にして で製造 されます。

眼精疲労が生じる3つの要因

疲労・ストレスによる精不足からの眼精疲労

これは、精の消耗による原料不足で 陰血が充分に作れないタイプ の眼精疲労 です。

  • 疲労やストレス等で、精が消耗され減少します。
  • 精(原料)不足 となり、陰血の量も減少します。
  • 陰血不足 となり、眼の機能は低下します。

不足した精を補えない時の眼精疲労

消耗した精を補う陰血分解

精の消耗を補いきれず、長期にわたれば、精の枯渇が起こりやすくなります。

精とは、生きていくために必要不可欠な要素。

生き伸びるためには、何としても「精の枯渇」を防がねばなりません。

  • 精を補う為に、カラダは 作られた陰血を分解 して回収します。
  • 分解された陰血を使って、枯渇しかけた精を補うのです。
  • 陰血が奪われる ので、眼の機能が低下します。
はなちゃん

非常時には 陰血から精を返してもらう のですね。

眼の酷使が心身の不調となる眼精疲労

眼の過労が心身の不調に

  • 眼の酷使により 陰血は不足 します。
  • 陰血を増産する為に 精が消耗 されます。
  • 精が不足すれば、眼の機能だけでなく 心身の不調 につながります。
はなちゃん

眼の過労から 心身の不調 が起こるのですね。

はなのやま

眼の酷使が続いた時にも、しっかりと身体を休ませる ことが大切です。

眼だけでなく、全身(心)を休ませる

眼に現れる、疲労やストレス

溜まった疲労やストレスが眼の症状として現れる事を、私たちは日常的によく経験します。

  • 眼のかすみ
  • 焦点が合いにくい
  • ドライアイ
  • 眼の奥がゴリゴリする
  • 眼の周辺がピクピク動く

などなど。

逆に、熟睡された後や、マッサージなどで癒された後には、

眼がパッチリした! 視界が広がった! 明るく感じる!

など、眼の変化を実感される方も多いのではないでしょうか?

眼を休ませるだけでは不十分です

溜まった疲労やストレスを緩和させ、全身(心)をしっかりと休ませることが大切です。

眼の疲労だけでなく、心身の疲労(精の不足)から生じる眼精疲労。

追い込まれたカラダからの 「しっかり休め」のSOSサイン のように思えるのです。

ブログ文責 橋本昌周

スポンサーリンク

このような方におすすめ!

  • 温活したい
  • 冷え性で悩んでいる
  • リラックスグッズを探している
  • アロマセラピーが好き
  • エステの施術が好き

よもぎ蒸し・ハーブボール、ホットストーンといった人気施術を1台で再現!
温施術と最新テクノロジーの融合で、女性に多く見られる冷えの悩みにアプローチ。