認知症介護の疲労ケア

泥棒と罵られる嫁

認知症やアルツハイマーなど、ご家族の介護をされている方が、疲労困憊な状態で来院されることがあります。

そして、その多くはお嫁さんです。

お話を伺うと、多く聞かれるのは 「泥棒扱いされた」「何十年いても嫁は他人だから」というお話です。

カウンセリング中に、悔しくて泣きだされる方もおられます。

頭にきて母親を叩いてしまったという方もいらっしゃいました。

因果律~認知症の方の記憶~

3次元の私たちは 「因果律」という法則の中に生きています。

突然頭にボールをぶつけられたら、それが「4次元から飛んできたかも?」 と思う方はいないでしょう。

必ず、自分で解明(理解)できる範囲の中から 原因を見つけようとします。

認知症の方は、記憶が失われています。そして病識が無い方がほとんどです。

記憶をなくすのは忘れるのと違い、 何かのきっかけで思い出すことはできません。

(お金を)自分がしまい忘れ、置き忘れ、使ってしまった記憶の全てが無いのです。

記憶を失くした状態で、「ある」と思って開いた財布からお金が消えていたら・・・

先ほどの因果律から、「お金が勝手に歩いて消えるわけない」 「誰かが盗んだとしか考えられない」と。

外出されない方の脳に浮かんでしまう犯人は、「ご家族の誰か」ではないでしょうか?

連想処理~脳が行う記憶のMIX~

また認知症の方の脳は、同時にキーワードの連想処理を行います。

「家族=(いつも傍にいる)お嫁さん」の連想も多いでしょう。 連想は他の家族には及びません。 最初に思いついたお嫁さんが家族の代表です。

すると、認知症の方の脳内では、因果律と連想の二つのMIXが行われてしまいます。

脳内では、まるで「お嫁さんが自分の財布からお金を盗んでいる瞬間を目撃した」かのような映像が作り出されてしまいうのです。

一番信頼しているのは「お嫁さん」

でも・・・、家族というキーワードで一番最初に連想したお嫁さん

実は、認知症の方が、家族の中で一番信頼している(頼りにしている)存在なのです。

一生懸命頑張っても、毎日ののしられているお嫁さんは、怒りを感じることでしょう。

でも本人の脳中では、このような処理回路が働いてしまっている可能性も考えられるのです。

状況と症状が作りだす「認知症特有の幻覚」なのです。

365日休みのない疲労のスパイラル

介護疲れで来院された方には、肉体の疲労だけという方はおられませんでした。

いつまで続くのかわからない、OFFスイッチのない精神疲労。

ご自身のアクティブな時期がどんどん消耗されてしまうジレンマとあきらめ。

慢性的な疲労やストレスが蓄積されれば、誰しも心身の器量が小さくなりがちです。

今までは気にならなかった事にも、 イライラしたり、うんざりしたり。

疲れているのに全然眠れなくなったり、 一つの考えに頭が占領されたようになったり。

介護をしている方側が、精神と肉体ともに”疲労のスパイラル”に陥りかねません。

心身の疲労を緩和~心の物置を増築する~

疲労やストレスを緩和し、温まり休まった心身には、少しずつ余裕が生まれるように思います。

全身(心)の弱まりを補う鍼灸治療は、ストレスを入れておく心の物置を増築していくイメージです。

「心と体が一杯一杯にならないように。」

日々のストレス源に対して、少しでも心身の「余裕」を取り戻していただけたらと思う次第です。