花粉症(アレルギー性鼻炎)の改善

国民病になりつつある花粉症。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

日本に多いのは、2月~4月にかけての、スギ、ヒノキ、ハンノキなど、木の花粉による花粉症です。

夏以降は、イネ科のイネ、キク科のブタクサヨモギ、アサ科のカナムグラなど、草の花粉による花粉症が現れます。

また、花粉だけでなく、コナヒョウダニ(ダニ)アルテルナリア(カビ)などの、室内アレルゲンが引き金となって発症する、アレルギー性鼻炎も多く見られます。

室内アレルゲンは、年間を通してアレルギーを引き起こすのが特徴です。

花粉症・アレルギー性鼻炎の症状

【鼻の症状】
始まりは突然のくしゃみ、鼻水。少し遅れて鼻づまり。

【眼の症状】
目のかゆみ、流涙、目やに、目の乾燥(ゴロゴロ感)、眼瞼の腫れ。

【頭部の症状】
頭が重くボーっとする。肩こり。顔面の紅潮とほてり。

【全身の症状】
疲れやすく疲労が取れない。風邪を引きやすくなる。

【その他】
喉のイガイガやかゆみ。鼻や目の症状で熟睡できない。外出が煩わしく憂鬱。など。

カウンセリングでは、このような症状で苦しまれている方が多くみられます。

アレルギーの反応 ~抗原感作から発症まで~

1.呼吸により、鼻や口から、抗原(花粉などのアレルギーを起こす物質)が吸い込まれます。

2、吸い込んだ抗原(アレルゲン)が、鼻や喉の粘膜に触れると、感作と呼ばれるアレルギー反応が始まります。

*感作とは、入り込んだ抗原を追い出す為に、免疫に関わる肥満細胞が、抗原にくっつくことです。

3、肥満細胞からは、血液中に、様々な化学伝達物質が放出され、それをキャッチした器官に反応が起こります。

*化学伝達物質の内のヒスタミンが、煩わしい花粉症の症状を引き起こす、と考えられています。

ヒスタミンがくっついた器官で起こるアレルギー症状

・鼻の中の神経にくっつくと、くしゃみの連発が起こります。

・鼻の中の血管にくっつくと、浮腫が起き、鼻づまりが起こります。

・鼻腺(分泌液を出すホース)にくっつくと、鼻をかんでも鼻汁が止まらなくなります。

・眼(結膜や角膜)にくっつくと、目のかゆみや充血が起こります。

現代医学的な治療と予防

・ヒスタミンブロック薬は、くしゃみ・鼻水を抑えます。

・ステロイド点鼻薬は、鼻の炎症を鎮め、鼻づまりを抑えます。

・生活の指導としては、
できるだけ花粉に触れないようにする、家に花粉を持ち込まないようにする、マスクの着用、外出を控える、布団干しや洗濯物の外干しの制限、日中できるだけ窓を開けないようにする、など。

内傷なければ外感なし。

これは、古くから伝わる漢方の言葉です。

「体の内に弱まりがなければ、いかなる病も発症することはない。」という意味です。

「花粉症を起こす原因は、花粉そのものではなく、花粉が入り込んだ体の内の弱まりにある。」とも解釈できます。

東洋医学では、花粉症の原因を、花粉の種類や量に求めることはありません。

本来、無害であるはずの花粉を敵とみなして起こる、異常で過剰な免疫アレルギー反応。

そのような、生体の調整機能の異常を改善の対象に捉えます。

調整機能の異常を起こす要因としては、その方の内に生じた弱まり(内傷)が考えられます。

内傷(体の弱まり)が生じる要因

・素因(気質、体質、遺伝的要因)など、先天的に生じた弱まり。

・生後の栄養の偏り、飲食・睡眠の不摂生、かかった病気や治療の影響、出産や大病による体力低下、蓄積された疲労や冷えなどによる、後天的な弱まり。

・過去のケガや手術、多量の出血などによる、外傷性の弱まり。

・慢性的なストレス、不安・焦り・憤り・無力感といった精神の不健康など、心因的な弱まり。

・老化や更年期など、ライフサイクルの変化に伴う、生理的な弱まり。

などが考えられます。

内傷(弱まり)を補う鍼灸治療

当院では、対症的にアレルギー症状を緩和するだけでなく、その方の内傷(弱まり)を補う事を目的に、全身(心)を対象とする鍼灸治療を行います。

本来備わった生体の調整機能を取り戻していく事で、「異常で過剰な免疫アレルギー反応を起こさない」、「疲労・ストレス・冷えなどの環境要因に負けない」など、内面からのアレルギー症状改善を目指します。

ブログ文章 橋本昌周