社会不安障害 (SAD)の改善

ストレスフルな現代社会においては、過度の不安・焦り・緊張・恐怖感などにより、社会生活やコミュニケーションに支障をきたしてしまう方も少なくありません。

周囲から、あがり性、不安性、心配性、緊張性といわれる方も、度合いや頻度によっては、何らかの不安障害を抱えている可能性があるのです。

不安障害を、大まかに分類してみますと、

・パニック障害  

・空間恐怖症(高所・閉所など)

・特定のものに感じる、個人的な恐怖症  

・強迫性障害

・全般性不安障害

・場面緘黙 

・急性ストレス反応

・外傷後ストレス障害(PTSD)  

・社会不安障害(SAD)

など、様々なタイプがあげられます。

また、上記の分類以外にも、発症の引き金となる要因はたくさん存在します。

病識の無いまま、自分ではコントロール出来ない不安感・焦燥感・緊張感・恐怖感や、日常のコミュニケーション障害に悩まれている方は、実際は、とても多いと思いのではないでしょうか?

このブログでは、主に、社会不安障害(SAD)について述べていきます。

不安や緊張を感じて声や手が震えることがありますか?

社会不安障害 (SAD)のチェック

以下のような場面で、不安や緊張を感じたり、声や手が震えたり、歯がカタカタ鳴ってしまうことがありますか?

□ 大勢の前で話さなければならない

□ 人前で指名されて、自分の意見を述べなければならない

□ 権威ある人や、社会的地位のある人と話さなければならない

□ 知らない人に電話をかけなければならない

□ 初対面の人と、マンツーマンで話さなければならない

□ 面接で、自分の考えや意見を伝えなければならない

□ 人が見ている前で、署名や文字を書いたりする

□ なじみのない場所で外食をする

□ 不安や緊張のせいで、社会生活に大きな支障がある

*上記の3つ以上が頻繁であれば、社会不安障害(SAD)の可能性が疑えます。

社会不安障害(SAD)の概要

症状

人前で話したり文字を書いたり、他人と食事をすると、 強い緊張や不安感に伴い、 手足の震え、動悸、吐き気、冷や汗などを生じます。

概念

個人的な性格・性質(あがり症・緊張症)などと明確な区分はなく、状況に慣れることで症状が改善されれば、社会不安症(SAD)ではなく、状況に慣れても症状に変化がないようならば、社会不安症(SAD)の可能性があると判断します。

人前での大きな失敗や、不安・緊張した経験が、脳の扁桃体(恐怖や不安の中枢)にすり込まれ、 同じような「人前」という条件に無意識に反応してしまうのでは?とも考えられています。

好発

医療機関を受診するのは、働き盛りの年代が多い傾向があります。

働き盛りの時期には、人間関係が多彩で、仕事上失敗できず、初対面の人とも上手く接していかねばならない状況が多くなります。 このような社会性が、この年代になってからの受診が多い理由と考えられています。

ですが、その方たちも、初期の発症は多感な10代(中・高生時代)に多い、という統計もあります。

社会性

・成人の社会不安症(SAD)患者の約20%が無職です。・・・面接・就職・仕事・人間関係がスムーズに行かない、能力や才能を生かせるチャンスを逃してしまう、などの要因が考えられます。

・成人の社会不安症(SAD)患者の約60%が未婚です。・・・コミュニケーションの障害から、異性とうまく付き合えず、非婚や晩婚になりやすい傾向があります。

社会不安障害(SAD)の発症の背景

発症時期における、蓄積された疲労やストレス、飲食・睡眠など生活習慣の問題、価値観の急激な変化、周囲へのわだかまり、過去の経験や記憶(トラウマ)、大病や出産などによる体力の著しい低下など、心身に生じた滞りや弱まりについて考えてみることも大切です。

東洋医学では、心と体は一体と考えます。

人生や日常に起こる様々なネガティブ要因。それにより生じる、全身(心)の滞りや弱まりは、精神的なアンバランスを生じさせ、物事を、本来よりも過敏・過剰に受け止めてしまう状態になります。

徹夜明けの、疲労困憊な状態では、目に入る光さえも眩しく目障りで、耳に入る雑音やTVの音さえも、うるさく耳障りに感じたり。

ささいな刺激でも、受け止める心身がアンバランスであれば、神経過敏、過剰な反応が起こりやすくなるのです。

初期の発症が、多感な年頃に多いというのも、 日常のストレス、わだかまり、人前でのささいな失敗を、より敏感に大きく増幅してしまう、思春期特有の精神バランスの乱れが大きく関わっているように思えるのです。

不安症害と上実下虚(じょうじつかきょ)

当院では、社会不安障害(SAD)を、様々な要因により生じた、全身(心)の滞り・弱まりから生じる、強い上実下虚(じょうじつかきょ)の状態と捉えます。

「上実下虚」とは、どのような状態なのでしょうか?

蓄積された疲労やストレス、生活習慣の不摂生、過去のケガや手術の影響、不安・焦り・憤り・恐怖体験・ショックな出来事・無力感などの心の問題・・・。

上実下虚とは、人生や日常に起こる様々なネガティブ要因により、その方のバイタリティ(生命力)が弱められ、本来、全身(心)を均等に巡るエネルギーが、病的に分離して偏ってしまうことです。

例えれば、一昔前の沸かしたお風呂。上はすごく熱くなり(実)、下は冷たい(虚)の状態です。

かき混ぜて、温度(エネルギー)を均等にすると心地良いですよね。

健康とは、「体内のお風呂」をかき混ぜて、全身(心)を巡るエネルギーが均等になった状態だといえます。

分離された片方のエネルギーは上部・表面にたまり密度が高くなります。

上部で密度が高くなりすぎたエネルギーにより、上半身や表面では、のぼせや頭皮・皮膚の感覚過敏、皮膚の症状、鼻炎や鼻血、耳鳴り、眼の症状、肩こり、首の痛み、腕・肩・指・顎関節の痛み、手の振るえ、吃音、発声の問題などが生じやすくなります(上実)。

反対に、エネルギーの密度が低下した下半身や深部では、冷えて力がなくなります。

腰・膝・脚・足に、だるさ・痺れ・痛みなどの神経症状や関節症状が起こりやすくなります。また、泌尿器や排泄機能・生殖器の症状なども出やすくなります(下虚)。

東洋的な考え方のアプローチ

心身の疲労やストレスを緩和し、休養させることで、

お風呂をかき混ぜたように、体の中を巡るエネルギーが均等になります。 エネルギーが上下に分離して偏ってしまうのを留める力が湧いてくるのです。

当院では、全身(心)を対象とする鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療により、上実下虚を中和する(お風呂を均等にかき混ぜる)ことで、不安障害の改善を目指します。

全ての不安障害の原因が、上実下虚だとは決めつけられませんが、 改善のヒントは、疲労やストレスの緩和、飲食・睡眠など生活習慣の改善、不安・焦り・憤り・無力感といった心の問題へのアプローチなど、心身の休養(弱められたバイタリティを補うこと)にあるように思えるのです。

ブログ文章 橋本昌周