不妊症の体質チェックと改善

東洋医学では、授かりにくい母体の状態や体質を、いくつかのタイプに分類して考えます。

以下の各項目をチェックしてみましょう。

母体の体質や「妊娠しにくさ」の要因を把握できれば、改善のヒントも見つけやすくなります。

気虚タイプ(体力パワーの不足)

□風邪を引きやすい

□少し動いただけで息切れや汗かきがある

□慢性的な眠気がある

□気力・体力がなく疲れやすい

□胃腸が弱い・食欲がない・もたれる

□便秘・下痢しやすい、むくみやすい

□筋肉が少なく、太りやすい体質(頬やお尻がたれやすい)

□低体温・冷え症である

*このタイプは体力・パワーが弱く、生殖に関するエネルギーが不足していて妊娠しにくい状態です。

*妊娠中は流産に注意が必要です。出産では難産になりやすい傾向があります。

血虚タイプ(血・栄養が足りない)

□顔色が悪い(肌が暗い)

□髪質がパサついている、肌質がカサついている

□爪の色が悪い

□集中力がない

□浅い眠り(夢が多い)

□生理が遅れがちで経血が少ない

□不安・心配が強い

□動悸が頻繁に起こる

*このタイプは、月経周期が定まらず、卵子や赤ちゃんを育む栄養(血)が足りなくて妊娠しにくくなります。

*妊娠しても、母体と赤ちゃんの成長に必要な血が足りない状態です。

気滞タイプ(エネルギーが渋滞して流れない)

□生活が不規則である

□慢性的な肩こり・頭痛

□緊張しやすい、イライラ怒りっぽい

□げっぷ・オナラが多い

□ため息をよくつく

□お腹・わき腹が張る

□喉が詰まったような(何か引っかかった)感じがする

□情緒不安定・喜怒哀楽が激しい

□月経前にお腹や乳房が張る

□月経前に下痢や便秘をする

*このタイプは精神的なストレスや緊張が強い人、責任感が強い人、生活が不規則な人に多く見られます。

*基礎体温表が乱高下するような体調のアンバランス(妊娠しにくさ)が伴います。

血瘀タイプ(血の巡りが滞ってしまった状態です)

□毛細血管が糸ミミズのように浮き出ている所がある

□目の下のクマ、しみ、ソバカスが目立つ

□生理痛が強い

□経血に塊がある

□子宮内膜症や子宮筋腫がある

□生理が遅れがちである

*このタイプは、慢性的な冷え・気の滞り・気虚(パワーの低下)が長期間改善されずに、進行して起こるケースが多く見られます。

*骨盤内の血液循環が悪くなります(卵巣や子宮の働きも低下します)ので、妊娠しにくくなるのです。

腎虚タイプ(疲労・ストレスによる先天的パワーや生殖機能の衰え)

□足腰がだるい

□腰痛持ちである

□夜間の頻尿がある

□抜け毛・白髪が多い

□頻尿・尿漏れがある

□無排卵の月がある

□月経が来たり来なかったり、経血も少なめ

□月経や排卵の周期が早まる

*このタイプは、生殖機能をコントロールする腎(生命力)が疲れてしまっている状態です。

*東洋医学では、腎は生命・生殖の力を貯えるとされますので、腎が疲れると、老化現象のような症状が出やすくなるのです。 このような時はホルモンの分泌機能も低下しますので、妊娠しにくい状態になると考えられます。

*腎虚は、生命力を弱めますので、卵子の老化(ミトコンドリアの活性低下)の進行にも関りがあると考えられます。腎虚を補う事は、生命・生殖機能の働きを補う事です。「卵子の老化を不必要に早めない」事にもつながるのです。

不妊の要因は複雑で多岐にわたります。

まずは、現在の母体の状態や体質を把握することが大切な第一歩になるのです。

*お試し無料カウンセリング実施中です。お気軽にご相談ください。

妊活・不妊症の鍼灸