【なぜデキにくい】機能性不妊症(二人目不妊)と男性不妊

機能性不妊症・二人目不妊・着床しにくい胚の問題

鍼灸の効果が期待できると考えられているのは、検査を行っても原因が特定できない 機能性不妊症 です。  

近年では、生殖医療のサポートを受けられる方からも、

(体外受精で)グレードの高い胚は出来るが、胚移植を行ってもなぜか着床しにくい

といったご相談をいただきます。

原因の特定できない機能性不妊症や、着床しにくい胚の問題には、母体全体のバイタリティ(生命力の働き)の弱まり を考えてみる事も大切です。

生命力の働きを弱める要因

  • 溜ったままの疲労
  • 精神ストレス
  • 冷え症(冷え習慣)
  • 病気や治療の影響
  • 事故・外傷・手術によるダメージ
  • 出産・育児、大病による消耗
  • 不安・焦り・憤り・無力感といった心の問題

ネガティブな要因により、母体全体のバイタリティ(生命力の働き)が弱められれば、本来の生殖機能もセーブされてしまいます。  

はなのやま

妊娠できるはずの女性が、いつに間にか妊娠しにくくなってしまうこともあるのです。

背景にある弱まりを補うことで、本来の生殖機能の働きを取り戻し、妊娠しやすいコンディション に近づけていくのです。

男性不妊へのアプローチ

パートナーの疲弊や妊活時間のロスを防ぐ不妊症検査

女性に比べ、男性は「不妊症の検査に行きたがらない」傾向があります。

ですが、不妊で悩まれるカップルの 約47%に男性側の原因 があることがわかっています。

かつては「不妊は女性側の問題」として、原因もわからないまま、自分を追い込んで苦しまれる女性も少なくありませんでした。

そのような、パートナー女性の不要な疲弊や、貴重な妊活時間を「原因探し」で消耗されるのは未然に防ぎたいものです。

はなのやま

完全に否定できる根拠がなければ、早期に男性側の検査をされることをお勧めします。

検査は、

  • 精巣の大きさを測り、超音波検査を行う
  • 採取した精液を顕微鏡で調べる(数や運動率)

といったものが一般的です。

原因の特定できる「器質性不妊症」と特定できない「機能性不妊症

男性不妊の原因としては、

などがあります(東邦大学大森病院リプロダクションセンター調べ「一般男性不妊4,728症例の原因」より引用)。

原因の特定できない造精機能障害や機能性のED

鍼灸による改善が期待できるのは、原因の特定できない機能性の男性不妊症です。

男性も、慢性疲労や精神ストレスの中で戦っています。

加齢による弱まり、飲食や睡眠の不摂生、冷え習慣、気力や体力の消耗、心因的な要因・・・

はなのやま

背景には、弱められたバイタリティ(生命力の働き)により、その方の生殖機能がセーブされてしまった状態があります。  

東洋的な考え方の鍼灸治療は全身(心)を対象とします。

弱めれられたバイタリティ(生命力の働き)を補うことで、本来の精神活動や生殖機能の働きを取り戻すのです。

また、機能性EDの改善には、副交感神経が優位な(リラックス)状態であるほど良い効果が現れやすことが知られています。

日常の生活習慣やストレス対策にも工夫し、できるだけリラックスを心がけましょう。

生殖医療と鍼灸の併用

排卵誘発剤やホルモン治療による母体の疲弊、精神ストレス・・・ 

胚(受精卵)ができるまでにかなりのエネルギーを消耗し、いざ着床や妊娠を維持するパワーを失ってしまっている女性も少なくありません。  

母体に生じている弱まりを改善せずに妊娠できたとしても、そこは赤ちゃん(胚)にとって、空腹で、寒くて、落ち着かないお部屋なのではないでしょうか?

はなのやま

巡りの良い、居心地抜群のお部屋(子宮)にリフォームしておくことが大切です。

生殖医療のサポートを必要とされる方にも、鍼灸による母体のコンディショニング をおすすめします。  

妊娠はゴールではありません。

母子ともに、安全で健康的な出産までが道のりです。

ブログ文責 橋本昌周

スポンサーリンク

このような方におすすめ!

  • 温活したい
  • 冷え性で悩んでいる
  • リラックスグッズを探している
  • アロマセラピーが好き
  • エステの施術が好き

よもぎ蒸し・ハーブボール、ホットストーンといった人気施術を1台で再現!
温施術と最新テクノロジーの融合で、女性に多く見られる冷えの悩みにアプローチ。