安産におすすめ!セルフケア4選(ツボ療法)

「妊婦さんにも安全」と表記されていても

妊娠中の薬の服用には、なんとなくイヤな感じがあるでしょう。

  • 疲れた時
  • 季節の変わり目
  • 人ごみの中を歩く時
  • 家族の誰かが風邪をひいた時

自分は大丈夫かな? 赤ちゃんに影響ないかな? と少し不安になりますよね。

自宅で行うセルフケアで身体の力をつけ、妊娠中の症状を乗り越えていきましょう。

悪阻(つわり)の軽減

悪阻(つわり)は個人差がありますが、辛いという人も少なくはないでしょう。

はなのやま

妊娠5週目頃から始まり16週頃には落ち着いてきます。

現在の辛さがずっと続くわけではありません。

ムカムカや吐き気には、

  • 手首や肘の周囲に生じた凹み
  • 膝のお皿の斜め下(外側)にある 陽陵泉(ようりょうせん)というツボ

を刺激します。

また、気持ち悪さを我慢している時、心身は緊張状態になっています。

深呼吸をしたり、お腹や背中を緩めたりして、リラックスすることが大切です。

悪阻(つわり)の期間と軽減

妊娠腰痛

妊娠中の腰痛は、子宮の増大や、大きくなったお腹を支える為の「反り返った姿勢」による腰への負担が原因と思われがちですが、それだけではありません。

  • 妊娠による(または妊娠前からの)自律神経の乱れ
    腰周辺の痛覚に過敏になる
    骨盤内の血行不良による痛み
  • 心理的な要因
    心因性(ストレスが作りだす)疼痛
  • 妊娠中に分泌されるホルモン「リラキシン」の影響
    関節やじん帯が緩められ不安定になり、腰周辺の筋肉がこわばる

ことが原因になったりもします。

はなのやま

ですが、同じ状況でも、腰痛になりやすい人となりにくい人がいるのはなぜでしょう?

東洋医学では

  • 過労、精神ストレス
  • 気力や体力の消耗
  • 過去の外傷(事故・打撲・捻挫・手術)

など、体の内に「腰痛を起こしやすい要因」が潜んでいると捉え、その方の原因に合わせた改善を行います。

それにより、産後やその後に起こりやすい腰痛の予防を目指すのです。

日常の対処法としましては

  • 身体や腰を温める
    足湯、腰に使い捨てカイロを貼るなど
  • 妊婦さん向けのストレッチ
    筋肉のこわばりの改善、自律神経の安定
  • 妊婦さん用骨盤ベルト
    不安定になった骨盤や腰椎を支え、腰の筋肉をサポートします
    *使用に不安がある方は、念のため、かかりつけの医師や助産師さんにご相談ください。
  • 抱き枕やクッション
    横向きに安定して寝ることで腰の負担を解放します

などがおすすめです。

【妊娠初期から腰痛になるのはナゼ?】妊娠腰痛の原因と対処法

安定期に入ったら

下半身の力をつけるツボを使って、陰気(滋養したり回復させたり)の働きを高めます。

  • 足の内くるぶしから上に(人差し指から小指までの4本分の幅)上がったところにある、三陰交(さんいんこう)
  • 足の小指の爪の生え際の外側にある、至陰(しいん

が代表的なツボです。

逆子の予防には

お腹の赤ちゃんは、温かい方に頭を向けます。

ですので、常に下半身が冷えている人(上半身がのぼせている人)ほど逆子になりやすいのです。

「逆子を治すツボ」として知られる 至陰(しいん)へのお灸は、下半身が温まり力がつくので予防にも効果的です。

はなのやま

羊水がまだ多いうちであれば改善にも期待できます。

胎毒(たいどく)の予防に

妊娠は、他人からみれば自然な事ですが、いざ自分が妊娠してからの10か月は、とてつもなく長く不安なものです。

  • 溜まった疲労やストレスによる体調不良
  • 不安・焦り・憤り・無力感といった心の問題

古来より、妊娠中の母体の不健康は、胎児の発育に悪影響を与えると考えられてきました。

東洋医学では、胎毒(たいどく)といいます。

母子ともに健康で安全な出産のために、疲労の蓄積・精神ストレス・冷え(冷え習慣)は、できるだけ早期に解消しましょう。

無料セミナー 家族にやってあげたいお灸教室

当院では、無料セミナー「家族にやってあげたいお灸教室」を行っています。

ツボの取り方や、セルフケアのコツなど、丁寧にアドバイスさせていただきます。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

ブログ文責 橋本昌周