ご挨拶に代えて

はじめまして。代表の橋本です。

”七情の乱れ(内因)”とは、ストレス、考えすぎ、不安・焦り・憤りといった精神のアンバランスを、症状(発症)の要因と捉える、東洋医学の考え方です。

私は「心と体は一体」だと考えます。

症状の背景にある心的要因にも注視し、心のケアを大切にしています。

治療に関して

鍼灸治療

慢性疲労、精神ストレス、病気・ケガ・出産による消耗、不安・焦り・憤りといった精神のアンバランス・・・。

改善しにくい症状の背景にある、その方の「内に生じた弱まり」を補い、より根元からの改善と健康増進を目指します。

心にも体にも優しい、東洋的な考え方の鍼灸治療です。

小児はり

ママを悩ませる夜泣き・カンノムシ(小児神経症)には、小児はりがおすすめです。

チック・吃音・夜尿症・心因性頻尿・多飲症・失語症など、小児ストレス症状(心身症・神経症)のご相談も多くいただきます。

小児はりは、心地良い皮膚刺激で、お子様のストレス緩和と健やかな発育を目指します。

院内・施術の動画